スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院で技を拝見

  • 2008/09/15(月) 16:19:39

8月から再開した副業が忙しく、日記を綴るのをさぼり続けてしまいましたが、
ケンもトキも変わらず元気で修行に励んでおりまする。

ケンの骨折治療の方は、いよいよ今週末に接続ピンを外す処置を行います。

その前に…本日は包帯の交換をしに動物病院まで参りましたぞ。

20080915_01.jpg

トキよ、うぬには獣医の先生にある技をかけてもらおうと思ってな。

20080915_02.jpg

堪忍せい。

200809115_04.jpg

ケンの包帯交換の後は、いよいよトキに技をかける時間じゃ。

颯爽としっぽを持ち上げ、もう片方の指先がトキの尻を突いた!?と思ったら…
20080915_03.jpg

出ました!華麗なる早業!秘儀、肛門腺絞りです!!

初めてこの技を受けるトキ、あっけにとられて終了です!!

20080915_05.jpg

最近、よくカーペットに黄門様をこすり付けていたトキとケン。

どうやら肛門腺の分泌液が溜まっていたようであります。
技を見てるほうも、技を受けたほうもスッキリ爽快な手さばきでしたな。

いつかあの華麗な技を習得したいと思った師匠でありました。


本日は携帯カメラで撮影の為、画像サイズを小さくしてお送りいたしましたぞ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

へえぇぇぇ??
ネコも肛門線に貯まるの??

今まで 20年 現在キティは15歳
一度も 絞った事ないよ。。

貯まってるんだろうか??
15年物なら 相当の お臭いが。。。

  • 投稿者: tama | URL 
  • 2008/09/15(月) 17:12:07
  • [編集]

コメントありがとうございまする

☆tamaはん☆

キティは床にお尻をこすりつけた事がないのかな?
だとしたら自力で出せているので、絞ってあげなくても大丈夫だと思われます。

猫は小型犬と違って自力で出せる仔が多いそうですが、それでも溜まって炎症を起こす事もあるので絞ってあげるといいみたいです。
しかし、15年物の発酵した臭いを嗅いだら失神してしまいそうですな…。

トキとケンが床にお尻をこすりつけていたので、「もしや溜まっているのか?」と思い、師匠が自ら絞ってやろうと挑戦したのですが、ジタバタ逃げられて失敗。プロに頼む事にしました。
やはり溜まっていたようで、絞ると茶色い液がニュルリと出ましたよ~。
これで床こすりもなくなるかしらん?

  • 投稿者: らっく | URL 
  • 2008/09/15(月) 17:29:40
  • [編集]

思わずブフォーって噴いてしまいました、トキの必死な表情に・・・。ごめんね、トキ・・・、ブフッ。

肛門線に分泌物がたまるという問題を知らずに今日まで生きてきました。猫飼いとして無知を恥じ入るばかりでございます。ケンのレントゲン写真の時もそうでしたが、このブログはいつも大変勉強になります。ありがとうございます。

  • 投稿者: 猫吉 | URL 
  • 2008/09/17(水) 12:04:11
  • [編集]

コメントありがとうございます♪

☆猫吉さん☆

久々の更新にもかかわらず、ご来訪&コメントありがとうございます♪

トキは何でも大袈裟に騒ぐのです…。
ケンの方は落ち着いていて、獣医の前では死をも覚悟したかのごとく大人しくなります。
同じ兄弟なのにこの違いは摩訶不思議ですね~。

肛門線、猫の場合は自分でペロペロ出来るので特に気にしなくてもいいみたいです。
しっかり絞ってもらったのに、トキは今朝も黄門様をカーペットにこすりつけておりました。
もしやカーペットをトイレットペーパー代わりに!?たわば!

  • 投稿者: らっく | URL 
  • 2008/09/17(水) 20:00:57
  • [編集]

お久しぶりでございます。
更新を心待ちにしておりました1
で、ケンさんやトキの元気な写真が見られると思いきや。
肛門絞りに喘ぐお姿が…!!
思わず目を覆いたくなるほどおいたわしいトキさま…(泣
ビビりました。私も初めて知ったものですから。

ケンさんも順調に回復なさっているご様子、安心しましたぞよ。

  • 投稿者: 松風 | URL 
  • 2008/09/18(木) 21:59:02
  • [編集]

コメントありがとうございます♪

☆松風さん☆

ご来訪&コメントありがとうございます♪
大変ご無沙汰しておりました。

秘儀を受けたトキですが、肛門絞りは有情の拳のようで、痛みを感じずにとても気持ちが良かったようです。
絞らなくても問題のないお猫さんが多いみたいですね~。
師匠はちょいと神経質になりすぎたかもしれません。
もしや、カーペットにケツをこすり付けて歩く行為は、トキとケンにとってはただのトレーニングだったのかも…と思えてきた今日この頃です。

  • 投稿者: らっく | URL 
  • 2008/09/18(木) 22:25:21
  • [編集]

何度も足を運んでは、更新されておらず・・・で、
ちょっと心配しておりました。
でも何もなかったみたいで・・・(^^)

ニャン斗秘孔絞、ウチはやったことがないので・・・
ちょっと興味津々なばろしろうでした(笑)

  • 投稿者: ばろしろう | URL 
  • 2008/09/21(日) 22:13:54
  • [編集]

コメントありがとうございます♪

☆ばろしろうさん☆

ご来訪&コメントありがとうございます♪

実はただの不精なのですが、大変ご無沙汰してしまいご心配おかけいたしました。
お蔭様でケンの骨を固定していたピンも外れ、久しぶりに本格的な修行を再開出来そうです。
また忘れた頃にこっそり更新すると思いますので、思い出した時に覗きにいらして下さいね。

秘孔絞…シャンプーのついでに自分で絞る方もいらっしゃるようで…。ばろしろうさんもぜひ挑戦してみて下さ~い。

  • 投稿者: らっく | URL 
  • 2008/09/22(月) 20:25:00
  • [編集]

らっくさん、ケンさんトキさんはじめまして!
「猫 骨折 手術」で検索してたどりつきました!
とても真剣に楽しく拝見させていただきました~。

こんなところに書かせてもらうのは失礼かもしれませんが、どうしてもお聞きしたいことがありまして・・・

ケンさんの足の骨折、順調に回復し、修行再開とのことおめでとうございます!

うちにも猫がいるんですが、ケンさんと全く同じ場所と同じく4本骨折してしまい、全く同じピンで中から固定するという手術をしました。

現在術後2週間なんですが、ピンを抜きやすくするために曲げてある先端部分が皮膚を突き破ってしまい、またその部分を縫い、そしてまた出て・・という状態になってしまっています;;

ケンさんのときはそういうことはありませんでしたか?

獣医さんが何度も縫ってくださっているのでお任せしているんですが、やはり不安で;;
かといって診察してもらっているのに不安だと言うのも申し訳なく言えずなのです。

長々とすみませんです。

そしてうちの子たちもお尻を床にこすっているのでとても参考になりました!
一度技を受けに連れていかねば><

  • 投稿者: らこ | URL 
  • 2008/10/21(火) 01:10:54
  • [編集]

☆らこさん☆

ご訪問ありがとうございます。

術後二週間ですか。まだまだ安静にしなくてはならない大変な時期ですね。
私もケンが骨折したばかりの頃、らこさんと同じように「猫 骨折 手術」で何度も検索したりで不安でいっぱいでしたので、お気持ちよくわかります。

骨を固定しているピンですが、ケンの場合はピンの先端が2mmほど皮膚の表面に突き出たままの状態で2ヶ月半の間過ごしました。
そのままの状態だと、むき出しのピン先が何かにひっかかると危険なので、ピンの先端の上から包帯を巻いてガードしていました。
この包帯をケンがすぐに噛みちぎってボロボロにしたり外してしまったりしてしまうので、1~2週間に1度交換してもらっていました。
包帯交換と同時に、遠赤外線治療機を患部に当てて回復を早める治療もしてもらいました。

らこさんのところの猫さんはピン先が皮膚の外に出ないように処置されているのですね。
方法も獣医さんによって色々あるのかもしれませんね。
何度も縫いなおすのは猫さんにとっても、らこさんにとっても負担が大きいような気がしますが…。
獣医さんの考えもあるでしょうから、一度納得がいくまで相談されてみてはいかがでしょうか。
(つきなみな答えになってしまい申し訳ありません。)

なかなかブログを更新せずに報告出来ないままでしたが、現在ケンの脚のピンを外して1ヶ月が経ちました。
たまにまだ癖が残っているのか脚を引きずって歩くのですが、ジャンプも骨折前と変わらず華麗に飛んでみせてくれて感無量です。
動物の回復力は素晴らしいですね。
そして、なぜか骨折前よりも甘えてくるようになりました。(師匠大喜びデレデレ!)

らこさんの猫さんも何事もなく順調に回復されますように、ニャン斗のレインボーオーラを念じてお届け致しますね!むーん

  • 投稿者: らっく | URL 
  • 2008/10/21(火) 02:23:08
  • [編集]

こんにちは。
詳しく教えてくださりありがとうございます!!
ニャン斗レインボーオーラしっかり受け取りました!・・・これはきっと無事に治ります!

ケンさんはピンの先は皮膚から出ていた状態だったのですね。
そうですね・・・今のままだと小さな足にどれだけの縫い傷ができてしまうのか;;
次の病院のときにきちんと相談してみます!

骨折前よりもデレデレケンさんになったとのこと、とーってもうらやましい!
病院に連れていったり薬を飲ませたり、嫌われていくんじゃないかと心配でしたが希望が持てました(笑)

本当に本当にありがとうございました。
また遊びに来させていただいてもいいでしょうか!?

お忙しいとは思いますが更新・・・楽しみにしてます!!

  • 投稿者: らこ | URL 
  • 2008/10/21(火) 14:55:43
  • [編集]

ご訪問&コメントありがとうございます

☆らこさん☆

はいそうでございます。
デレデレケンシロウになりました。
入院や通院ばかりで、ニャン斗道場のありがたさを実感したようです。
嫌わずにいてくれると思いますよ~♪

更新がゆるゆるどころか、停止状態でありますが
また思い出していただけた時など、覗きにいらして下さいね。

  • 投稿者: らっく | URL 
  • 2008/10/24(金) 19:01:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。